<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    リトルジャックオーケストラ第8回定期演奏会に行ってきた

    0
      もう1週間前のことになりますが、つい昨日のことのようです。
      私が将来的に入団したいと思っているリトルジャックオーケストラの演奏会に行ってきました!
      実はこんなにゲーム音楽好きでありながら、アマチュアのゲーム音楽演奏団体を見に行ったのは今回が初めて。とても楽しみでした。
      今回カテゴリはレポートということになっていますが、結構関係ない話題が入ったりするので、そこんとこよろしくお願いしますw

      さてさて。

      まず今回私が座っていた席は、みなとみらいホールのP席といって、舞台を裏側から見るような席でした。
      指揮者の顔がとてもよく見えるのですよね。後ろからはパイプオルガンの音が聞こえます(振り返って見えないのがちょっと残念)
      以前、私の今所属する大学オケの春季定演を見た時は、違うホールの舞台裏の席だったんですけど、そのときは金管と木管の一部が見えなくなってしまって、今回もちょっと心配していたんですが、みなとみらいホールは一部の打楽器を除いてほとんど見えたので良かったです!今回は1列目ということで、真下で叩いている打楽器と、真下で吹いている金管(特にトランペット)の音がすごく大きく聞こえました。そのせいでちょっとバイオリン辺りの音は遠かったのですけれども・・・。


      プログラム第一部に入る前に、ロビーではロビコンが行われていました。
      来たときにはあまりの人だかりでほとんど見えなかったのですが、聖剣シリーズとかの音楽を演奏していました。実は私、今回のメイン演奏曲である下村さんの曲のうち、ゲームをやったことがあるのKHだけで、聖剣やLIVE A LIVEはやったことがありません・・・。ですが、drammaticaのCDで聞いたことのある曲だけはすぐにピンとくるので、たぶん聖剣から何曲かをやっていたのでしょう。(なので詳しい曲目はわかりません・・・)
      私がついたときにやっていたロビコンは主に弦5パートとクラリネットによる演奏でした。
      曲目の特徴なのか、クラリネットが主なメロディを担当し、バイオリンあたりがメロディを補助という感じでした。
      ロビコンはオケ演奏に加えて、私のもう一つの目標ですw

      私だけかもしれませんが、初期のRPGゲーム音楽(主にドラクエで顕著な気がしますが)は音色的に、弦がメロディをつくるよりもクラやオーボエが主旋律を担って、それの伴奏でその他の楽器が出てくる曲が多いが気がします。
      それは初期ハードの、音源に裂ける容量の問題もあるのかもしれません。弦はよっぽとバイオリンソロとかがなければあまり1、2台で演奏する楽器でもないですが、クラやオーボエはそれこそ吹奏楽では主旋律担当、しかも本数少なくても音楽として形になりやすく、印象に残りやすい楽器ですよね。
      ドラクエとかは、ハードから流れてくる曲を聞くと「ああ、これオーボエで吹いてみたい!」とか思うことがよくあります。オーボエは弦に飽きた頃にこっそり始めようかなと思っていたり(←どうでもいいw)

      さて、やっとプログラム突入ですねw
      第一部は聖剣伝説より、天使の恐れ〜子午線の祀り〜Meridian Childと、FF6より街角の子供たちとティナのテーマ、ロマサガ3より色んなバトル曲と(←)、コナミワイワイワールドメドレーでした。
      ええ・・・完全に私の曲知らなさ加減が露呈してますねw
      聖剣は、最後のMeridian Child以外は「Symphonic Fantasies」のCDでオケアレンジ版を聞いているので、聞き覚えはありました。ただ、Symphonicの方は全体的に思い切ったアレンジなので、今回の演奏とは割と違ったところがありますね。個人的に驚いたのは、出だしの不思議音。ティンパニから出ているようなのですが、不気味で不思議な音だったのでびっくりしましたね。

      次にFF6では、どちらも知っている曲が演奏されました。街角の子供たちはオーケストラでの演奏を始めて聞きました。ちなみに原曲を聞いたことがないので、知っているのはFF6ピアノコレクションズ版のものです。
      ピアノ版を聞いたときに「いい曲だなぁ」と思って、ついこないだEnsemble Game Classica のチェロの方が「FF6の街角の子供達をヴァイオリンとチェロで演奏してみた」という動画をニコニコにあげているのを見て(聞いて)超絶感動したのでした!
      というわけで、このヴァイオリンとチェロによる演奏が秀逸すぎて、どうしもそれ以上には聞こえないという自身の壁がありまして・・・。個人的にはオケ版よりこっちが好きかなと(笑
      恐らく私の好みの問題です・・・。

      続いて、ティナのテーマ。こちらは公式の譜面、だったかな。よくDistant WorldのCDなどに収録されているのと同じアレンジで、ところどころ変えてあったかな?去年、Distant World の日本公演があってチケットを取れたにも関わらず、受験にまつわる様々な事情により参加できないとう無念がありまして、今回、そこで聞けなかったティナのテーマを聞くことができて嬉しかったです!この曲はピアノアレンジも好きだけどオケアレンジも好きなのです。初めの方の短調も、終盤でだんだん上がっていって最後にダダーンと終わるところも。
      この曲もいつかオケで弾きたいなぁ・・・

      次にロマサガです。やったことはないので、Ensemble Game Classica系の動画で見たり聞いたりというレベル。というか私へのEGCの影響力半端ないなw
      とにかく、演奏で覚えてるところといったら、「熱い!!」ということ。弦楽器めっちゃウネウネしてるよww管楽器酸欠になりそうだよww 打楽器はドラムとかも入ってるし木琴鉄琴類をすごい速さで叩いている打楽器のお姉さんすごいよww そんな感じでしたー。
      てか金管と打楽器の音が大きすぎて、弦せっかく頑張って弾いてるのにほとんど聞こえないという事態。席のせいかな?ちなみにリトルさんの団員さんによる練習日記に「指揮者が『鼻血でるくらい』といっていた」みたいなこと書いてあった気がするんですけど、この曲のことではないでしょうかw
      とにかく熱かった。指揮者の志村さんもこの後のMCは息が上がって「ハー、ハー、フー。というわけです」と言っていたようなw

      コナミワイワイメドレーのほうは、今回RPGものが多い中、少し異色でしたね。どんなゲームなのか全く知らないのと、あまり聞いたことがないので、演奏もあまり記憶にないです、ゴメンナサイ。


      第2部いきますよ。恐らくこちらの方が密度濃いw
      続きを読む >>
      サラ * イベント実況+レポート * 01:14 * comments(0) * trackbacks(299) * - -

      オケ合宿終了

      0
         26日に、オケの合宿から帰ってきました。
        それにについて書こうと思います。
        少々偉そうな部分があるかもしれませんが、意見とか感想を表明したかっただけなので、お許しを・・・。

        合宿はとにかく、練習してご飯たべて寝るだけという、いわば猛練習の日々でした。
        特に全乗りの方々はひたすらパート練、分奏、合奏が続いて相当疲れたのではなかろうかと。
        私は、というと、前プロしか乗らないため、パート練や合奏はあまりなく、ほとんどが自主練でした。
        1日のうちで1時間くらいしか皆との練習がない日もあって、そういう日はさすがに暇すぎて疲れました(笑  あまりに暇な時間が多かったので、オケの曲に加えて持ってきた教本を、レッスン前だけど先に進めたり、思いつく限りのゲーム音楽を弾いたり(というか弾こうと試みたり)しました。

        合宿最終日とその前の日には、初心者を見る担当のOGの先輩が来てくださり、普段レッスンでは習わないようなアドバイスとかもしてもらったりして結構有意義な時間を過ごしました(・ω・)
        そして改めて去年のコンミスの先輩は本当に上手いなぁ、と・・・。なんかこう、手首のしなやかさとか、ねぇ・・・・。音の響きとかねぇ・・・(ホクッ

        あと私が初心者なことを知っていらしたのか、ヴァイオリンが集まって自主練をしている時に、2年生の先輩が少し面倒を見てくれました。今まで、初心者を教えに来る担当のOGの先輩以外は特に後輩に教えたりすることはなかったように思うのですが、弾きやすい指順とか色々教えてくださって助かりました。
        私としては、傍から見てて気づいたこととか、間違ったことをしているのを発見したりした場合には遠慮なく注意してくださると嬉しいんですよね。結構自分で勝手に試行錯誤している場合が多いので。注意とか言うと、なんか棘があるニュアンスですけど、アドバイス的な感じで。
        結構オケは個人主義の部分が多くて、合奏こそは総勢60人とかそれ以上でやるものなんですけど、基本的には自分で練習して、パート練に出て、トップの出す弾き方の注意を聞いて合奏に挑むという感じなのです。つまり、トップでもない限り、他人の弾き方や練習にはあんまり干渉しないことが多いです。(少なくともうちの団では)
        けれども、上手い人や経験が長い人は、それなりに経験が浅い人や初心者に色々教えてもいいのではないかなと思います。というか私は色々聞きたいです・・・!

        そうそう、合宿4日目くらいの朝に弦セクション一同に召集がかかり、ちょっとした戒めを聞きました。
        簡単に言うと、せっかくトレーナーの先生が来てるのに、集合時刻に弾く準備ができていない人が多い(時間にルーズ)。合奏中に集中力がきれている。そういった趣旨のことです。
        なんか偉そうな感想を言ってしまうと・・・よくぞ言ってくれました!
        私も思ってたんですよね、時間に関しては。
        入団した頃、初心者なりに色んなオケ常識が書いてあるサイトとか見てたんですけれども、どこも「合奏」を非常に重要な位置づけにしているものが多く、振り下ろし(合奏開始)5分前には席に座ってるのが常識だと思ってまして。
        合奏に限らず、普段のパート練でも規定の時間から始められるように5分前には待機するべきだと思っていたのですが、実際は開始時刻頃に人が来始めて、開始は10分くらい遅れるのがデフォになりつつあったのです。さすがに、これでいいのだろうかと思っていたところに、今回トップの人から伝達があって、ちょっと安心しました。
        全体的に、うちのオケは緩いほうだとは思うのですが、どこまでどう緩くていいのかがまだ掴めません。厳しい分には、中高の運動系の部活で慣れているのでいいのですが、緩いとなると、逆に頑張ってやる方が損をするような感じになってしまうので、もうちょっとうちのオケのコンセプトを知りたいですね。そういった情報を、入団したての新入生に伝えた方がいいのかなという気もします。
        さきほど合奏の重要性をネットで調べたことも書きましたが、メールで「欠席する人は連絡ください」というのも初めは結構びっくりしました。だって・・・連絡さえすれば合奏だろうと何だろうと休んでいいっていう意味だし・・・って。合奏は基本的に強制参加くらいのものだと思ってたので、そこのところもどの程度の位置づけにしているのか、ちょっと知りたいところではあります。

        あ、なんか合宿以外のことも書いてしまいましたが・・・
        話は戻って。

        合宿では同パートの2年生の先輩で、ゼルダが好きな先輩と結構お話ができました。
        その方も高校でバイオリンを始めたらしいのですが、バイオリンを始めた動機が私と似てて思わず笑ってしまいました。私の主な動機は、ハイラルシンフォニーのCDとかを聞いて、「これがやりたい!」ってw いやあ、意外と似たようなきっかけで楽器を始める人っているもんなんですねぇ。
        ちなみに、その先輩が編曲したゼルダの四重奏の譜面とかも見せてもらったので、なんかいずれ大学祭とかでやるかもしれません(笑
        予想外に早く、目標の1つ「ゼルダの四重奏を弾く」を達成できてしまうかも?
        なんにせよ、私の技術が追いつかないことには周りにも迷惑をかけてしまうので、もっと上達目指して頑張ります。

        サラ * 楽器、オーケストラ * 23:27 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        強化練終了

        0

          15日から17日までの3日間は、オケの強化練でした。
          1つ前の記事で人員が集まるかどうか不安がどうとか言ってましたが、そんな心配は杞憂に終わり、トラさん含めかなりの大人数で合奏をすることができました!
          なんか久しぶりに大集合した感じがしてすごく嬉しかったです^^
          バイオリンが4、5プルぐらい組めたのなんて本当に久しぶりなのではないかと!
          これでこそオケ、ですね!

          で、私は4曲中2曲の合奏に参加したんですけれども、
          特に前プロの方は音程が半音近くずれてたりする箇所も何個かあり、非常に申し訳ない気持ちになりました・・・。しかも堂々と間違えた音出すんですよね;
          それから で弾くべきところが、なぜか mf くらいの音で弾いて目立ってしまったり・・・。
          時々「え?違くない?」という感じでチラっと見られるのがすごく怖いですあわわ
          結局合奏後は猛烈自己反省モードで夜中まで過ごし、色々考え込んで「このまま過ごすのは気がすまない」と思って、Facebook上で呟くように謝ってしまった始末。
          でもちょっと励ましをいただいて次の日の合奏は気がかりなく弾けたので良かったです。

          いつも思うんですけども、前プロの2ndバイオリンというのは毎年初心者も参加するものみたいで、
          パートトップの人たちはそれも考えて選曲のコメントをしてくださるのですが、
          もし自分のような初心者が入ってなかったら「これは初心者にはキツイから」という理由で曲が候補から落とされることもないんだよなーって。
          だからせめて、そんな基準で選ばれた曲をやらせていただくのだから、ちゃんと練習しなければ、と思います。

          一時期、うちのオケがこんなに緩くていいの?くらいに思ってたこともあって、もうちょっとちゃんとした組織になればいいのに、とも思ってたんですけど、逆にもしそうだったら私は入団した年の秋の演奏会に参加すらさせてもらえませんよね。
          大きな大学の(組織化された)オケだと、バリバリの経験者でも初めての演奏会は乗っても1曲らしいです(人数の問題が大きいと思いますが)
          だから文句をたらす前に色々と今置かれている環境全体を見なければいけないと思いました。
          それが、最近考えたこと。

          さて、合奏の話に戻りますが、
          自分も演奏している最中は、結構興奮しているせいかなんとなくまとまって曲にはなっているような気もしてしまいますが、実際後から録音を聞くと全然ダメな箇所もでてきて驚きます。
          特に、バイオリンだと音程が揃ってないところが結構目立つ・・・
          弾いてるとわからないんですよね、これが。
          録音は客席にいる身になれるようなものなので、結構有用だと思いますっ。
          毎回録音したり、それを聞いたりすのは結構大変ですけどね。

          強化練最終日の夜、打ち上げでした。
          指揮者の先生の話で「今年の期待度は高め」と言っていたので幹部ではない私もちょっと嬉しくなった。
          うん、頑張ってるよね、幹部の先輩。それはいつも思う。全体的に、上手いし。
          この調子で後輩もそれについていって、演奏会まで行けるといいなあと思いました。

          もう来週の合宿まで練習はありませんが、合宿を有意義に過ごしたいです。
          ではでは〜。

          サラ * 楽器、オーケストラ * 21:02 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          来週は

          0
             DQ5の「戦火を交えて」を弾いてみようとしたら崩壊しました、サラです。

            今私が使ってるバイオリンは父のお下がりなんですけども(だから30年以上前のですw)、弓はさすがに新しく買っていいといわれ、私が始める時に新しい弓を買ったんですよ。
            ただ最近、その弓どうも軽いのを買いすぎたのかなーと思ってまして。
            試しに古い弓を(もちろん毛替えはしましたが)使って見たら、意外とヘッドが重くて弾きやすいんですよね。
            軽いとどうも、G線(一番低い音を出す弦)で音を出すときにすごく力んでしまって、ラクに音が出せない・・・。

            ただ、弓を買うときに、「軽い」ことにすごくこだわったのも事実なので、ここは仕方がないです;
            次に買う機会があったとしたら、もうちょっと重みがあるのにしたいなー。
            バイトしてお金が溜まったら、ね・・・w



            オケは、最近やっと(オケの)夏休みが終わり練習が再開しました。が、ここ4日くらいはずっと休みで、
            来週の月曜から水曜まで、1日中強化練があります。

            強化練は、毎日合奏の予定が入ってたり、私は参加する曲かわからないですがセクション練というものもあるそうです。分奏というやつですかね。弦だけで、とか管だけで、とか。
            そんなわけで非常に楽しみであります!
            最終日は打ち上げらしいです。指揮者の先生も参加なさるようで、こちらも楽しみ!

            まあ、懸念事項としては、ちゃんと人来るかなーというところでしょうか。
            夏休みはただでさえ人が全員集まることが少ないのに、強化練も強制をかけてきません。
            ・・・となると、強化練といえども、いつもの練習の延長とかになるのかな、と思ったり。
            中高の頃の「強化練」は、それに出ないと合宿には参加させてもらえないほどキツイものだったので、
            今回のは、いまいち重要度合いがわかりません;

            強化練が終われば再来週は合宿です。夏休みの、一番の「華」ですね!
            楽しみだな〜それまでに勉強を終わらせないと(焦




            さて、今週弾いた曲です。
            「ワンダと巨像」のサントラを聞きなおしてみたら、結構オケ編成のものが多かったので、
            その中でも一番好きな「駿馬」を弾いてみました^^
            あれ、カッコイイ!!地味にサントラのなかで一番好き!
            曲の中で、バイオリンは結構メロディ以外の部分が多いのですが、そこはめんどくさいだけなので(←)恐らく金管が吹いているだろうメロディラインを弾いたりしてます。
            駿馬は、いつかゲーム音楽オケで聴いてみたい!



            サラ * 日記 * 21:40 * comments(0) * trackbacks(1) * - -

            演奏会とか

            0
               大学オケに入って以来、アマオケ(大学オケ含む)を5つも見に行ったサラです、こんばんは。
              しかし今月も既に2つ見に行く予定があります。あ、でもそのうち1つのリトルジャックオーケストラは、本日のプレオーダー抽選結果で「抽選漏れ」になったので、行けるかわかりませんが・・・。
              もう一つは、PRESS START 2011ですね。こちらはニーアとかの演奏が楽しみ。

              今日は、私は行けなかったのですが、Ensemble Game Classica というグループの演奏会がありました。私も知ったのが1,2ヶ月前くらいなのですが、ゲーム音楽を弦楽四重奏または五重奏でやってしまう、非常にクオリティの高いグループです。
              本当は今日も見に行きたかったのですが・・・テストとかぶって、残念。
              次回の演奏会は1月28日ということなのですが・・・うーん・・・ちょっと行けないかなぁ・・・。
              もし興味のある方は、是非行ってみるといいと思います。本当に、クオリティの高い弦楽が聞けると思います!
              もちろん、クオリティだけが物を言うかというと、そうではありませんよね。
              クオリティとかテクニックとかだけを求めるのならば、それこそプロオケが演奏会やればいいって話になってしまう。
              けれども、ゲーム音楽は、それを愛する、または演奏したいという強い気持ちがあってこそ、観客の胸に届くものだと思います。
              このEGCさんは、メンバーの演奏クオリティが高いだけでなく、ゲームや原曲などを知った上で、それが好きでor演奏したくて演奏されてるようなので、その辺りがアマチュアとして最高峰を行ってるような気がします。
              少なくとも、ゲーム音楽を弦楽四重奏で、という試みはあまりないと思うので(ほとんどはオケか吹奏楽か、という構成ですし)今後のご活躍が楽しみでもあります!

              私は4starオーケストラのスタッフをやっているわけですけれど、その関係上、奏者同士の演奏についての話し合いとかも結構見ることができて(ネット上で、ですけれども)、どれも非常に興味深い話題ばかりです。
              ゲーム音楽をについては演奏についてもっと考えるべきことがでてきそうですね〜この辺りは2083のゼミとかでもいずれ話し合われるのかなw

              今年初めてオケの世界に足を踏み入れた私としては、大学オケの演奏会も初めてとなるわけですし、4starの話は少し参考になっていいです!
              いずれゲーム音楽演奏をするアマオケに入っても、きっと通じることがあるのでしょう・・・。

              なんにせよ、オケについては色々勉強したいところですね!




              さて、今週練習した曲ですが、
              KH358/2より、Musique pour la tristesse de Xion と、Vector to the Heavens を弾くことにハマッてます!
              原曲もピアノとストリングスと一部オルゴールという感じの構成ですからね。
              ヴァイオリンが合うんですよ〜
              いやぁ、これはもっと上手く弾けるようになったら、もっと感動的な音楽になるんじゃないかと思いますホントに。ゲーム内容補正もありますけどw
              いつかピアノコレクションズの譜面で弾いたピアノと一緒に弾けたらなぁ〜なんて夢見てます(笑

              ああ、もっと上手くなりたい欲が・・・


              サラ * 日記 * 22:20 * comments(3) * trackbacks(911) * - -

              日記はじめ

              0
                 早速、日記第一弾(?)

                ここ1週間〜来週の頭にかけては一日中出歩くことになり、なかなか忙しいです。
                今もほんとはブログなんて書いてる場合ではないwww が、書く!!
                1週間くらい前からオケの夏休みに入ったので、再来週くらいまで練習はありません。
                そこでいかに練習するかが、課題ですね〜。
                私が定演で乗る1曲は、テンポがすごく速くなる部分があって、高音も入ってくるので正確な音をきっちり出すのが難しいです。
                特に、実際に合奏をやってると、オケ全体がフォルテとかフォルティッシモなので、自分の楽器の音はほとんど聞こえません・・・聞こえたと思ったら隣の人の音だったりw
                なので耳で聞かなくても正確に指を押さえられるくらいには弾きこんでおかなきゃいけないかなーと思ってます・・・。
                特に和音・・・ですね(><)
                和音とちょっと指ずれるだけですごい不協和音になっちゃったりして、難しいです・・・。

                それからもうアンコールの曲が今月頭には決まったのですが、部活の夏休み中だったりでなかなかパート譜がもらえません・・・。けれども今回の曲はちょっと1st Vnを希望したいなぁと思っていたりするので、自分でスコア買ってきて、自作パート譜作っちゃいました(^ω^)
                スコア拡大コピーして、ヴァイオリンの部分だけ切り取って、紙に貼り付けて、終了。
                間に合わせものですが、とりあえずこれで練習はできそう^^
                指番号とかわからなかったりしますけど、それはもう、ノリでいいんじゃないかn(ry
                でも今回1stを希望多そうだから、希望通るかはわかりません。
                まあ、それならそれで2ndでもいいんですけどね。というか普通初心者は2ndみたいな空気があるんですけれどもね(^ω^)←

                最近は、練習中に曲を繰り返し練習するのに飽きて、途中で唐突にゲーム音楽弾き始めたりしてますw 今週は、アンサンブル・ゲームクラシカのVn担当の人がニコ生で演奏していらした曲目に触発されて、FF3から「悠久の風」とか、FF4の「メインテーマ」(だっけ?あれ、やばいこれでよかったっけ?フィールド曲)とか、クロノの「風の情景」をやったりしてます。
                他にも、自分が思いついた好きなゲーム曲とか・・・例えばゼルダの「ハイラルシンフォニー」のCDより、一節だけやってみたり、エチュードのような「ドーガとウネの館」だったり、あとKHBbsから、「Terra」とか「Destiny's Union」とか音とりやすそうなやつを少し。

                やっぱり好きな音楽を、弾こうと思ったときにすぐに(10分以内くらいで)なんとなくメロディをたどれるのは楽しいですね!!こういうときは本当に、ヴァイオリンやって良かった!って思います^^
                もちろんキレイには弾けてませんけど、こう、なんとなくでも、弾けるというのが、
                いいです。うん、本当に楽しいですw
                サラ * 日記 * 00:21 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                ブログ内容変更かも?/ 2083ゼミ参加

                0

                  現在の私の思考の60%以上がオケによってしめられているため、このブログはしばらくの間、
                  「ゲーム音楽・ゲームについて語るブログ」
                  ではなく
                  「個人的な日記」
                  にしてしまおうかと思います。要は「オーケストラとゲーム音楽」のことを語る場になるわけですね。
                  FFとかゲーム情報を目当てに見てくださっていた方、申し訳ありません。
                  というかゲーム情報も、目当てのFFversus13は開発進んでるのかよくわかんないし、書くことないんですよね(← 
                  最近はヴァイオリンの練習を始めたこともありゲームのプレイ時間がなかなか取れないのも原因です。
                  書く内容を変えたからと言って、更新頻度はそこまで上がるわけではありませんg(ry



                  先日は初めて、2083主催の「2083ゼミ」にゲスト参加(初参加)しました。
                  ゼミ自体は第一回の時から存在は知っていて、参加したくてしょうがなかったのですが、漸く今頃になって参加できました!
                  今回は通常ゼミメンバーの方と私のような初参加者が半々で、4starのスタッフメンバーで顔を合わせた方もちらほら。
                  あそこまでゲーム「音楽」について濃く語れる場は他にはないですね、きっとw
                  今回は主にゲーム音楽の定義についてグループに分かれて話し合いをしたりしました。
                  なかなか、グレーゾーンたるものが多くて、きっぱりは分けれませんでしたが、
                  普段自分が触れることのない「ボーカル曲」等についても知ることができて、良かったと思います。
                  そして自己紹介でも思い知りましたが、改めて自分は「ゲーム音楽好き」とは言ってるものの、
                  ゲーム自体を広くやったことがないせいか知ってる曲が少なすぎるなぁ、と。
                  「あ、それ名前は聞いたことある!」という曲は多いのですが、実際プレイしたことはおろか、聞いたことすらないものもあります。
                  うーん・・・見地を広げたい思いもあるにはあるのですが・・・・


                  さて、ゼミでは最後に恒例の「演奏」の時間があるようで、実はもっとも楽しみにしていたセクションでもありました^^ (近いうちに演奏してみたい、という思いもあるので)
                  今回はテルミンという電子楽器(?)が大人気で、人の声のような音が出るのに驚いていた人が多数でした。あれはすごい・・・! 
                  アンテナと奏者の間に音階を探してチューニングし、そこから手を絶妙に動かして演奏するらしいのですが、実際物に触れて演奏するわけではないので、見てる側としては何やってるのか全然わからないw(マジックみたいです)
                  あんな楽器があるのには驚きました!

                  他にも、バイオリンによる独奏や、ピアノとトランペットによるデュエットがあり、楽しかったですね〜
                  次に行く時は私も何か弾けるといいなあと思ってます。



                  サラ * ゲームサントラ、音楽 * 23:14 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

                  不定期更新確定

                  0
                     またまたお久しぶりです。
                    ・・・という文句も、もう飽きられたかなw

                    学校が夏休みに突入したので、とりあえず更新します。
                    ただ、やはり今後定期的な更新が難しそうなので今は2つの選択肢で迷ってます。

                    一つは、今の「ゲーム・ゲーム音楽ブログ」を維持しつつ、イベントやビックニュースがあった時だけ更新、というスタンス。その場合、月1か2ヶ月or3ヶ月に1回の更新がデフォルトになりそうですね。

                    もう一つは、完全に「日記」にしてしまうチョイス。ゲームと関係あろうがなかろうが、mixiの日記とかtwitterのつぶやきのまとめとか、そういう感じで書いてしまう。
                    最近だと主に、私の所属する大学オケの話や、バイオリンの話が自然と多くなりそうですが。
                    その場合は1週間に1回以上の更新は目指したいですね。

                    今はmixiの日記も書こうと思えば書ける状態だし、一応Facebookも日記(?)は書ける状態ではあるんです。だからネタがあったとしても、それをどこに書こうかなかなか迷ってしまうんですね。
                    それで面倒になって、twitterやmixiボイスにささっと呟いて終わってしまう、という流れw
                    せっかくブログあるなら活用したいんですけどねぇ。
                    ちょっとソーシャルネットワーク関連を登録しすぎている気もするので、いずれmixiとかやめようかとも思ったり・・・。難しいところです。


                    ・・・というわけで。早速日記的な感じで、大学オケのことでも書いてみましょうかー!(twitterでもちょっと書いたけど)

                    夏休みが始まってからの練習は、普段とは違って週3か週4のペースくらいで結構多め。
                    その日によってやる曲が違うので、初心者で1曲しか乗らない私は、自然と行く日も少なくなります。
                    弦楽器については、経験者の人や先輩は基本的に全曲乗るので、「基本的には」毎回練習に行くことにはなってる、みたいです。が。
                    夏休み開始1週間にして、練習に全然人が来ないみたいです;
                    もちろん長期休暇なので海外に行く人も結構いるみたいですし、部活は強制ではないので個人の自主性にまかされている感じではあるのですが・・・
                    さすがに「パート練習の日にバイオリンパートのトップの人しかいない」というのはびっくりです。
                    普段は穏やかなコンミスさんも、今日はさすがにメーリスで各自の意識を改めるようおっしゃってました。

                    思うに、バイオリンってオケの中では一番人数多いパートなので、「自分一人いなくても・・・」ってなりやすいんですよね、きっと。ただ、人数多い分、パート練をして一番合わせる必要があるのもバイオリンなのではないかと。もちろん合奏の時はほぼ強制的に来るべきだと(個人的には)思うのです。

                    今はオケに入ってまだ2ヶ月くらいですし、正直いろんなことがまだわからないままです。
                    なので経験を積んで、もっと色々練習とか全体を見たりとか、色々できるようになりたいですね。
                    そうすればもっと、的確な解決への糸口が見つけられる気がします。
                    なんせ1つの曲を弾くのは50人とかそこらなわけですから、個人と全体の橋渡しは大事に違いないと思います(・ω・)

                    そうそう、4starオーケストラの練習も、4starのスタッフをやっているので自由に見学に行けるので見に行きたいんですが、なかなか都合が合わなくてゲネプロとかしか見に行けなさそう・・・。
                    色々参考にはしたいんですけどもねー。

                    続きを読む >>
                    サラ * 独り言 * 02:26 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    ゲーム音楽演奏会など

                    0
                       前回記事書いてから早速1ヶ月程経とうとしてますね・・・(汗
                      お・・・お久しぶり、です。

                      大学は、まあ覚悟はしていたんですが宿題が多くてかなり忙しく、ある意味充実した学生生活を送っているような気もします。そのせいでブログはあまり更新できないのですが;
                      そして念願の、大学オーケストラに入団することができて、今は中高生のごとく「部活が楽しみで学校に行く」ような生活をしていますw
                      私はバイオリンの初心者として入部しましたが、同学年の同パートの子はみんな経験者で、私は隔離された部屋でマンツーマンレッスンみたいなことになっています・・・w
                      それでも隣の部屋から先輩や同輩が弾いてる曲が聞こえてきて、聞けるだけでも幸せなんですけどね^^

                      そんな音楽充な私は、今年の夏もゲーム音楽系コンサートに行く気満々です。
                      まず、PRESS START2011(リンクはPRESS START2010)
                      毎年秋に開催されることが多かったプレスタですが、公式のツイッターによると、夏休みごろの開催を予定しているみたいです。今のところ出ている情報としては、「ニーアレプリカント/ゲシュタルト」、「ゼノブレイド」、「ラストストーリー」、「エルシャダイ」などが演奏されるようで、気になる曲がいっぱいです。ニーアのオケとは、一体どんなアレンジになるのだろうか・・・。非常に楽しみなところです。

                      そして、8月28日はリトルジャックオーケストラの第8回定期演奏会です!
                      実は今まで気になっていたのに、アマチュア系ゲーム音楽団体のコンサートには1回も行けていません。
                      でも今年は大学オケの合宿が8月27日までの予定なので、何とか見にいけそうです!
                      まだ演奏曲目は決まってないみたいですが、将来的に入団を考えていないこともないので、今からとても楽しみ^^

                      ほかにもドラクエ系のコンサートは今年は多く開催されるようなので、ドラクエ好きの方は行ってみるといいかもしれません。(詳しくは2083web等をご覧下さい)

                      そしてそして。9月30日から10月2日にかけては、ゲーム音楽初の試みとなる「4star オーケストラ」の開催です!私もスタッフとして参加させていただく予定です。(ここでも大学オケの定期演奏会が重なる関係で、10月2日のみの参加になりそうですが)
                      スタッフの打ち合わせの時に合奏練習を見学できたりするのですが、もうわくわくしてきますねっ(><) 間近で演奏や指揮を見れて新鮮です。思わず帰りがけにサントラを買っていってしまったほど。(←


                      そんなわけで、今はもっぱら音楽のことしか考えてない気がしますが・・・またFFversus13の新情報が出たりすれば、FFについても取り上げるつもりです。
                      気長に待ちましょう、うん。ヴェルサスについては時間をかけてもいいから、野村さんが納得のゆくまでつきつめたゲームになるといいな、と思っておりますよ。


                      サラ * ゲームサントラ、音楽 * 23:00 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                      ヴァイオリン始めました

                      0
                         弦楽器を新しく始めようと思っていたので、ここ1週間くらいでチェロとバイオリンを体験してきました。弦楽器は私にとって未知の世界ですが、クラシックでもゲーム音楽でもやっぱり魅力的な音に聞こえるので、是非演奏してみたいと思っていたのです。
                        そして、本日、バイオリンの初レッスンでした(はぁと
                        CDで聞いてるようなすごい音は出ないけど、でもやっぱりイイネ!
                        普段楽器を弾かなかった私は、肩とか指とかが痛くなりましたけどww
                        いずれゲーム音楽を弾けるようになるのを目指して、頑張ります。

                        ちなみに、バイオリンにした理由は、バイオリンが超軽量だったから!w
                        チェロを最初にやらせてもらった時は、楽器も重いし、弓も重いし、15分以上弓なんて持てないくらいな勢いでした・・・w
                        その後バイオリンを持ったら、楽器も弓も軽くて、アラ楽チンじゃない、みたいな←
                        友人からはヴィオラも似合うとか言われて、楽器や教室を探してみたんですが、やっぱり一番マイナーな感じで、バイオリンの方が習いやすそうでした。

                        楽器をやってていいところって、弾きたいと思った曲を、自分なりに何らかの形で引けることだと思います。だから、弾きたい曲があれば、自然とやる気もでますよね。
                        小学生のころはピアノやってはいたけど、特にに弾きたい曲はないし、なんとなーくやってて結局続きませんでいた。まあ今思えば、きちんと続けてればFFのピアノコレクションズとかも弾けたのかなーとか後悔しますけどw

                        いずれゲー音の楽団に入れることを目指して(目標高すぎるかもだけどw)頑張ります^q^
                        サラ * 楽器、オーケストラ * 23:11 * comments(4) * trackbacks(0) * - -
                        このページの先頭へ